出張オーダースーツ作成

 

出張オーダースーツ作成の流れ

SensePlanningでは、オーダースーツを出張で承っております。

 

1,アポイント

基本的に出張でオーダーを承りますので、ご指定いただいた場所まで御伺い致します。
オフィスやご自宅等、ご都合の宜しい場所をご指定ください。

なにかご都合がありましたら、川崎と銀座にサロンがございますので
そちらで対応させて頂きます。

 

2,カウンセリング

SensePlanningでは丁寧なカウンセリングを行います。
どういったイメージを誰から持たれたいのか?
今現在、スーツを装う上でのお困りごとはないか?
お客様のご要望にSensePlanningのオーダースーツはお応えできるのか?
丹念にお話を伺います。
また、この際に骨格診断をさせて頂きます。

3,表布選び

SensesPlanningのオーダースーツの金額は全て生地の金額で決まります。
袖口を本切羽仕立てにしたり、ハンドステッチ仕立てを選んで頂いたとしても一切の追加料金は頂いて居りません。
カウンセリングでお伺いしたご要望と生地の特徴やご予算に合わせてご提案いたします。

 

4,ボタン選び

選ぶボタンによって、全体の雰囲気は如何様にも変わります。
カジュアルな雰囲気を出したいのか、重厚感の漂う雰囲気を演出されたいのか…
メインである表布を選んで頂いた後に、味付けのボタンはどのような物にするか選びましょう!
もしも思い入れのあるボタンがございましたら、そちらを利用することも可能です。

 

5,裏布選び

既製品では殆どが表布と近い色合いで、無地の物を使用します。
オーダーならでは、色の組み合わせを楽しんで見るのも良いかも知れません。
飲食店等でジャケットを脱いだ瞬間、内ポケットからペンを取り出す瞬間に、チラッと見える裏布で印象を変えることも出来るのです。
こちらももちろん、台場仕立てにしてもポケットを追加して頂いても追加料金は頂いておりません。

 

6,デザイン決め

慣れている方は言わずもがな、細かい仕立てをこの段階で決めて行きます。
ポケットの仕立ては…衿の形、幅は?…細かい仕立てで遊んでみるのも楽しいですね。
ご自分のお好みやスタイルが決まるまではあらゆるデザインにチャレンジすることをお勧めします。
もちろん、スタッフからもヒアリングしながらご提案させて頂きます。

 

7,採寸

SensePlanningでは40ヵ所以上の採寸を致します。更に各箇所に補正項目があり、写真撮影をした上で型紙を作成致します。そうそすることで、よりご要望に沿ったオーダースーツをお仕立てすることが可能になります。

 

8,縫製

SensePlanningのオーダースーツは完全国内縫製です。もと縫製工場職員の代表も唸る素晴らしい縫製技術を持った工場と協力し、貴方だけのオーダースーツを仕立てます。
2016年にはIACDE日本支部より国内優秀縫製工場3つ星に認定されるほどの腕前を持つ工場です。
一般的なスーツの仕立て工場と異なり、「くせとり」という手間のかかる行程を随所に折り込むことにより、フィットしつつも運動量を確保できる着心地の良いスーツの縫製を実現します。

 

8,5(仮縫い:オプション)

SensePlanningでは仮縫いを追加オプションでご利用頂けます。
仮縫いを挟む分、お仕上がりまで通常の1.5倍〜2倍ほどお時間を頂きます。しかし、体型が変わらなければ最初のお仕立て以降採寸なしでお仕立てが可能です。

 

9,お渡し

お仕上がり日程が決まりましたら、アポイントをとらせて頂きます。ご都合の宜しいお時間と場所をご指定いただきましたら、お届けに伺います。
最後に御召しいただいて最終チェック後に、お写真を撮影させて頂いて納品となります。

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください